スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
----------
兎にも角にも
最近はついったで140字呟くこともあり
140字では収まらないこともあるわけで
そんなときのブログ。

あーぁ。
彼のこと好きになってからもう1年半くらい経ちますね。
えぇ、まだ好きですよ悪いですか。
でも、今、思い出になりつつあることは実感してるつもりです。
それがいいものであるか思い出したくもないことであるかは別にして。
あれからいろいろ考えたんです。
例えば、僕は彼にきちんと向き合っていただろうか、とか。
今年の一月彼かメールがきて
彼が何故僕にメールをくれたのか
その意味を知ろうともせずに
僕はまた一人で突っ走ったわけですよ。一度それで失敗しているにもかかわらず。
結局僕は彼の本当の気持ちを聞きだすことはできず、汲み取ることはできず、むしろそういう努力もせず
ただ自分の気持ちだけを貫き、独りよがりで自己中心的に想いを伝えていました。
それって結局、彼にきちんと向き合っていなかったんだな、と思います。
僕の全てを、彼にぶつけてしまった。彼はそれを望んでなかったのに。
きっと、彼は何かを僕に伝えようとしていたのに。
僕が先に伝えたことで、彼は何もできなくなってしまった。
全くもって話を聞かないやつですな、僕は。
でも、恋は一過性の病だし、人間みんな自己中なんだよ
と考えて、また責任を転嫁しようとする僕もいるわけです。
なんて都合が良いんだ、どこまで都合が良いんだ、僕。
彼、つらかっただろうなぁ。
ごめんなさい。

彼の気持ちを聞いたことがなかった。
一度関係を解消する時だって
何も話し合わずに一方的に押し付けた。
そのほうが楽だったから。
一月のメールだって
僕から先に全てを言ってしまって
結局彼の気持ちを聞くことができなかった。
彼の気持ちも分からないままに終わってしまったんだな。

この未練がどこまで続くのか分からない。
ひょっとしたら、明日あたりにはもう、新しい人を好きになってるかもしれない。
でも、彼を一瞬にして消し去ることはできない。
ゆっくり、ゆっくり、色が薄くなっていくのを待つだけだ。
決して色が消えることはないのだけれど。
って。
ストーカーみたいだな。いやだな。

最近鬱で。
なんでかっていうと
彼と付き合ったことで女として見られることの喜びを知ってしまったのです。
彼は僕を女として見てくれていたから。
ってまた彼のせいにしてるな。
MtFっぽい考え方になり、服装になり、ゲイなのにゲイじゃなくなり
男にも女にもなれなくて。
男になりたくなくて。
女になりきれなくて。
ノンケ社会で生きていくのが非常につらかったり。
新しい友達を作るのが怖かったり。
無駄に嘘をつかなくていい関係を知ってしまったゆえに
また無駄な嘘をつきたくない。

このままでいい、って言ってくれた彼の言葉が今胸に沁みる。
救われている。

僕はなんて酷いことをしたんだろう。
もう取り返しがつかない。
どうしようもできない。

スポンサーサイト
別窓 | 男の子 | コメント:0 | トラックバック:0
201002150045
もう

もう、ぼろぼろで

これ以上ぼろぼろにならないはずなのに

はずだから

起こることの全てを

冗談にしてしまう

感情をシャットダウンする

これは僕の想いではない

僕が傷ついてるんじゃない

だってもうこんなに壊れてるのに

これ以上どうやって壊すの

僕はもう僕じゃない
別窓 | 男の子 | コメント:0 | トラックバック:0
201001281205
思うところ
考えたいことをつらつらと書こうかな。

前の記事で
元彼とメールしてて勝手に悶々としてる
みたいなこと書きましたが
もう
携帯なるたびに彼なんじゃないかと思ってしまって気疲れするし
彼平気で2日置いてメールを返信したりするので待ってるのがイヤになる
ため、返信を途中からやめました。

で、その一週間後くらいに
「そういえば別れたよ笑」
という、彼女と別れたお知らせメールが来ました。
冷静を装ってメールしていましたが
「独りは楽だな。でも時々寂しいけどねw」
とメールが来たので思わず
てゆか自分まだ彼のこと好きだし(もうこの感情は神格化。恋の象徴が彼になってしまっている)
(故に本当に感情が伴っているのかよく分からない。時々ギャクに感じる)
いやもちろん押すだろ、と思って
「寂しいときはサトに絡めばいいんじゃないかな(・∀・)」
と、冗談ともとれる感じで返したら
「それはサトを悲しませるだけな気がする」
と言われたので(いま考えてみれば私と絡んでもお前は何も感じないのかとw私が悲しむだけなのかとw)
「メールしてるだけでも複雑なんだYO!」
と、茶目っ気たっぷりに返したつもりです。笑
てか冗談っぽくしとかないと、傷つくのは私だし。
で、そのあとに私が超絶重い、まだ好きです絡んでください的なメールをしたら
返信が来なくなりました笑
で、もうなんであんなメール送ったんだろうとか後悔もするけど
やっぱ自分追うほうが好きだし。つかてめぇが中途半端に絡んでくるのが悪いんだよ!
ということにして、しかしながらやっぱり心は荒れ、荒み、
悲しいという感情を持ち合せていないときでさえ
何故か涙が流れたりとかしちゃいました。
彼と無邪気に遊んでいられたおととしが懐かしくて。
お互いの感情に気付いていながらゆっくり距離を縮めた去年が懐かしくて。
でも、人の気持ちって可変的なものだし。仕方ないよね。
ま、仕方ないで片付けられないのが恋なんだけどね!


いっそ嫌われたい。


で今回書こうとしたのは実はこんなことではなく。
最近わたしBL漫画とかBL小説とか普通に買ってしまうのですが
「消える新宿二丁目」なんて本も家で読んでしまうのですが
レディースも着まくっているのですが
今しがたお父さんから
「まさかそっちの気があるんじゃないだろうな!笑笑」
みたいな絡みをされ
「そっちってどっちだよ」
と返したのですが。もう、内心ひやひやだよね。
そんなときにGIDの人のエッセイ読んでて
僕はGIDほど酷くはないトランスジェンダーなので
家族に伝えないまま生涯を終えることもできるけど
それって可能なのかなぁとも思うし
てゆか絡みの少ない友達にも最近カムアしてるのに
一緒に暮らしてる家族にはしてないのって何かおかしくないかとも思ったり
家族にカムアしたらきっと世間体とか何も考えなくなるんだろうなと思ったり。
いろいろ考えちゃった。
ま、まだ家族に言えるほどの勇気はありませんが。


今回はこんな感じかなー。
別窓 | 男の子 | コメント:0 | トラックバック:0
201001272241
いろいろ
ここんとこいろんなことがあって。
いろんなこと?というか、1つのことに対して様々な事象、というか。
ま全てこの前話したチャイニーズのことなんですが。

あれ以来
彼と毎日電話をする仲になって
遊ぶ、ということになれば家にお邪魔し
当たり前のように生まれた姿になり
わたしは処女を奪われ(すげー痛かった一生やらない流血した)
しかしわたしはまだ昔の恋を忘れられず
そんな中途半端な気持ちで彼を好きになることは出来ず
そしてだんだんちゅーとか気持ち悪くなってきて
オーラルとか無理、とか思うようになってきて
もう限界だな、と思って、
そんな中
彼氏になってくれ、君は僕の運命の人だ
といわれたのですが
泣きつかれたりもしましたが
振りました(・∀・)
捨てられたといわれました。

そんなこんなで。
結局わたしはまだ前の人を忘れることが出来ずにいます。
そしてsexに対してもよく分からず
潔癖なのかノンセクなのかただ好きじゃなかっただけなのか
分からない。
セクシャリティはグラデーションだなんていうなら
なぜマイノリティとかマジョリティていう言葉があるんですか
もう恋したくないです
誰のことも好きになりたくないです
それでもlife is beautiful
彼の言葉を胸に
頑張りたい所存でございまする。
別窓 | 男の子 | コメント:0 | トラックバック:0
200912212055
たとえば、そう
たとえば、そう
君のことをいまでも僕は大好きで
そしてまだ
そう思うことを君が許してくれるなら
まだ僕は君の事を思い続けたい
たとえば君が
もし僕のことをまだ
ほんの少しでも好きでいてくれているなら
もう一度やり直せないかななんて
期待してしまう
君のことを好きになってから
もう
1年以上経つのだけれど
まだ僕は
その気持ちに変わりはないことを
自信をもって言えて
君の気持ちが変わってしまったことにも
まだ
気付かないでいたいんだ
もう気付いてしまっている君は
僕のこと
いらないのかも知れないのだけれど

*******

ということで、先週くらいに、別れました。メールで。
「一回きちんと関係を解消しようぜ(・∀・)」
と送ったら
「整理じゃなくて、解消かい?君がよいのなら僕は止めないけど」
と返信がきて
「解消で!」
と返信したら
「はーい」
とメールがきた。
という、別れwwww
強がる僕をどうして僕は止めることができないのだろう
ぁーくそ。もうおわてる
いろんな人に心配されて
「大丈夫?」て声掛けられて
今までだったら
「もう大丈夫だよー」
とか強がってたけど
今回だけは
「大丈夫じゃない」
て言ってしまう。素直に。
それを弱いことだとも、あまり思わなくなった。
泣きたい。
でも泣いても何もならないことを知っているから、泣かない。
強がりなんかじゃなくて。
もう諦めなきゃ。
彼の誕生日が一週間後なんだけど
そこで、友達として、彼にお祝いをいうことで
きちんと諦めようと思う。
もう一生会わなくてもいい
会いたくない
と思えるくらいな別れを。諦めを。

今回のことは本当に結構つらくて
学校無意味にさぼったり
お金を極端に使ってしまったり
あぁ、なんか病んでるなぁ
って凄い思う。自分で。
とにかく誰にも会わないで一日中寝ていたかったり
逆に寝るのが怖くて意味もなく起きていたり
とりあえず精神不安定。
躁鬱的。
彼のことがすき。
それだけが、変わらない真実。
なんでこんなときに学校が忙しいんだ。
こんなときくらい一人にさせてくれ。
誰か僕を愛してくれ。
一人にしないでくれ。
別窓 | 男の子 | コメント:0 | トラックバック:0
200911272157
| MJ5 | NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。